フィリピン・セブ島留学の今 ~渡航条件・フライト編~【随時更新中】

こんにちは(^O^)/

フィリピン・セブ島留学専門エージェント『セブナビドットコム』の間宮です!

「フィリピン入国の条件と必要な準備は?」
「日本帰国時に必要な手続きって何?」
「セブ島・語学学校の現状は?今後どうなる?」

などなど、多くの疑問を皆さんお持ちではないでしょうか。

フィリピン・セブ島留学を検討されている方へ向けて、
フィリピン入国時の条件、日本帰国時の手続き、航空券についての最新情報をお伝え致します!

なお、このブログは新しい情報が入り次第、随時更新していきます。

 

 

フィリピン・セブ島に今行けるの?

ワクチン接種者対象:外国人観光客のフィリピン入国再開

2022年2月10日から、
完全にワクチン接種した査証免除対象国・地域(日本を含む)からの渡航者のフィリピン入国が可能となりました☆

また、フィリピン政府は2022年5月30日以降、
ワクチン2回接種に加えて「ブースター接種(3回目追加接種)」まで終えた方に対し、フィリピン渡航前のPCR検査/陰性証明書の取得を不要とする旨、発表しました!!

ただし、入国するにはまだいくつか条件がございます。

 

フィリピン入国の条件と必要な準備とは?

※2022年8月3日時点の情報です。

 

①フィリピン到着時、パスポートの残存有効期間が6か月以上あること

 

②往復航空券を所持していること

フィリピン到着時点から30日以内に出国する往復航空券、もしくは第3国行きの航空券を必ず所持している必要があります。

※留学期間が5週間以上の方は、変更可能な復路便を手配し、セブ現地で復路便のご予約を自身で変更する必要あり。

 

③完全なワクチン接種者であること

出発国出発日時から14日以上前に、新型コロナワクチンを2回接種済みである方のみ、完全なワクチン接種者とみなされます。

※但し、「ワクチン完全接種者」である親に同行する12歳未満の子供は除く。

※2回接種、3回接種のいずれも最後の接種から14日以上経過していることが条件です。

 

④有効なワクチン接種証明書(英文)の提示

日本の自治体が発行する「新型コロナウイルス感染症 予防接種証明書」は現在有効です。
日本で接種済みの場合、 デジタル庁・厚生労働省が提供する「新型コロナワクチン接種証明書アプリ」 も有効です。アプリで取得される際は、マイナンバーカードが必要です。

★海外渡航用のワクチン接種証明書の発行には、パスポートが必要です。
パスポートをお持ちでない方は、お早めに申請、取得をお願い致します。

★ワクチン接種証明書の発行には2週間程、時間を要する場合があります。
自治体によっては郵送のみ対応のところもあり、
その場合、通常より取得に時間がかかりますので、お住まいの市区町村窓口にお早めにご確認ください。

※但し、ワクチン完全接種者である親に同行する12歳未満の子供は、ワクチン接種証明書の提示が免除される。

 

⑤フライト出発時刻から遡って48時間以内に実施したRT-PCR検査の陰性証明書(英文)、または24時間以内に実施した抗原検査の陰性証明書(英文)の提示

『検査結果は紙に印字されたもの』であり、
RT-PCR検査法であることが分かること、受診した方の氏名(パスポート氏名と一致)、検査日時、検査を受けた医療機関・検査機関名が
全項目において英文で記載されていることが条件です。

 


★補足★
ワクチン追加接種(3回目=ブースター接種)まで完了した18歳以上の方は、日本での出発前PCR検査(または抗原検査)不要!

※3回目接種から14日以上経過していることが条件です。

 

【RT-PCR検査陰性証明提示の免除対象者】
①18歳以上:コロナワクチン接種を少なくとも3回接種済(3回目接種から14日以上経過していることが条件)

②12歳未満:上記①に該当する親御様もしくは保護者様と一緒に渡航する12歳未満の方

※ 2回目接種までの18歳以上の方は、既存通りPCRまたは抗原検査が必要ですのでご注意ください。

 

【重要】未成年者15~17歳の出発前のPCR検査について(単独留学)
2022年7月17日、フィリピンのBOQ(Bureau of Quarantine、検疫関連機関)より、単独留学未成年者(15~17歳)に対する変更点が発表されました。

<陰性証明書(英文) 変更前・変更後>
●変更前:
15-17歳のワクチン2回接種完了者は出発前のPCR検査/陰性証明書不要
●変更後:
①15-17歳のワクチン接種3回完了者は出発前のPCR検査/陰性証明書不要
②15-17歳のワクチン接種2回完了者は出発前のPCR検査/有効な陰性証明書必須

*出発48時間以内に検査/発行されたRT-PCR陰性証明書(英文)または、
出発24時間以内に検査/発行された抗原検査陰性証明書(英文)が有効

検査結果は紙に印字されたもの』であり、
RT-PCR検査法であることが分かること、受診した方の氏名(パスポート氏名と一致)、検査日時、検査を受けた医療機関・検査機関名が
全項目において英文で記載されていることが条件です。

★2回接種、3回接種のいずれも最後の接種から14日以上経過していることが条件です。

 


 

単独留学未成年者(15~17歳)は、Authorization Letter (委任状)を持参

Authorization Letter(委任状)とは、
「単独渡航の未成年者15-17歳に対し、その保護者は未成年の渡航者が入国後の隔離や、PCR検査を受け入れることを認め、現地で保護者となる人物を委任することを明記した書類」

⇒学校指定のAuthorization Letter (委任状)に保護者様の記入が必要です。
印刷してご記入の上、当日必ずお手元にご持参下さい。
*Authorization Letterにサインした保護者のパスポートコピーもご用意下さい。保護者パスポートの有効期限のご確認もお願い致します。
*Authorization Letterの署名はパスポートと同じ署名(漢字/筆記体など)でお願い致します。

 

⑦最低補償額35,000米ドル(約400万円)の海外旅行保険に加入していること、英文の保険証を所持していること

万が一、新型コロナに感染してしまった場合の治療費として最低補償額$35,000以上を保証する海外旅行保険の加入が必須でしたが、
2022年5月に海外旅行保険のこの規定は、フィリピン入国の必要条件から撤廃されました。

ただし、何らかの海外旅行保険には必ずご加入頂いてから渡航するよう、皆様にお願いしております。

クレジットカード付帯の保険は、カードの種類によって制限や条件がございますので、
補償内容が十分か自身でご確認の上、ご判断頂けますと幸いです。

 

⑧12歳未満の子どもは、入国の条件を満たしている保護者が同伴の場合、入国可能

ワクチン接種を受けることができない12歳未満の子供は、一緒に渡航する親/保護者の検査・検疫規則に従います。

 

⑨『One Health Pass』への登録を行う

日本からの出国48時間前より、One Health Passへの登録を行って下さい。

作成されたOne Health Pass個人バーコードをスクリーンショット、またはデータにて、必ずお客様のスマートデバイスに保存してください。(スマートフォンで手続き可能)

フィリピン到着時にフィリピン検疫局への提示が必要となりますが、空港チェックイン時にも One Health Pass に登録済みであることをご提示下さい。

下記リンクからも登録可能です。

https://www.onehealthpass.com.ph/

これに関して、フィリピン検疫局の真正なサイトと思わせてクレジットカード情報を入力させるなど、フィッシング詐欺が疑われるサイトが存在することがわかりました。
「ONE HEALTH PASS」を登録するためのフィリピン検疫局の真正なサイトからの登録では、クレジットカードの情報の入力を促す案内はありませんので、
サイトから「ONE HEALTH PASS」での登録の際、クレジットカード情報を入力する指示があった場合には、登録しないようご注意ください。

⑩お手持ちのスマートデバイスへ『Traze』アプリのインストール・登録を行う


変更!!

Trazeの事前ダウンロードが義務付けられていましたが、
2022年5月に不要となりました。

 

※なお、フィリピンへの入国が許可されるか否かは、フィリピン入国管理局等のフィリピン政府の裁量となります。

※入国条件等は日々変動しております。
こちらでも更新予定ですが、急な変更もありますので、最新情報は大使館や外務省等、公的機関のサイトで必ずご確認下さい。

★在フィリピン日本国大使館サイトはこちら

https://www.ph.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

 

フィリピンでの隔離措置ってあるの?

到着後、入国の際のPCR検査は実施されず、検疫所指定の施設における強制的隔離も不要です。

ただし、到着日を初日として7日目までセルフ・モニタリングを行う必要があります。

『症状がないかどうかのセルフチェック、もし症状が出れば指定機関に連絡』となるため、症状がなければフィリピン到着後は1日目から外出が可能です。

 

日本帰国時は何が必要?

※2022年8月3日時点の情報です。

2022年6月1日からの水際対策措置の見直しにより、
各国の「赤」・「黄」・「青」の区分が決定され、フィリピンは「青」に指定されました。
これにより、フィリピンからの入国者及び帰国者については、
フィリピン出国前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書を取得・提出することにより、ワクチン接種の有無にかかわらず、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないこととなります。

ただし、以下はこれまでと変わらず、必要な手続き(ファストトラック+書類)となります。

①出国前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書(所定フォームあり) 

フィリピン国内の検査機関でPCR検査を受け、紙ベースで陰性証明書を取得する必要があります。

日本の厚生労働省が指定する所定フォーマットを使用します。

 

②ファストトラック

入国前にWEB上で検疫手続きを行うことができる「ファストトラック」を利用することで、入国時の手続を簡略化できます。
成田国際空港、羽田空港、中部国際空港、関西国際空港、福岡空港から入国される方が対象となります。

*搭乗便到着予定日時の6時間前までにアプリ上での事前申請を完了してください。

水際対策の強化に係る新たな措置が更新されることがありえますので、
最新の情報をご確認のうえ、目安として日本への入国予定日から2週間以内のご登録をお願いします。

 

ファストトラックの利用にはアプリのインストールと事前の情報登録が必要です。

【用意するもの】
●MySOSがインストールされたスマートフォン等
●パスポート番号
●ワクチン接種証明書   日本政府が認めたもの
●検査証明書   出国前72時間以内のもの

詳細は、ファストトラックホームページよりご確認ください!

ファストトラックホームページはこちらから↓
https://www.hco.mhlw.go.jp/fasttrack/


必要な情報をすべて登録し、審査が完了すると
MySOSの画面の色が青になります。

 

③質問票(ファストトラックを利用できない方)

ファストトラックが利用できない場合、質問票記入を事前に終わらせる必要があります。
厚生労働省ホームページ記載の質問票WEBより回答し、QRコードを作成してください。

QRコードはスクリーンショットで保存または印刷し、検疫時に提示をしてください。

 

⑤ワクチン接種証明書

日本政府が有効と認めたもの

 

詳細は、厚生労働省サイトにて必ずご自身でご確認下さい。
証明書所定フォーム等も、厚生労働省サイトよりダウンロード可能です。

★厚生労働省サイトはこちら

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html

※入国条件等は日々変動しております。
こちらでも更新予定ですが、急な変更もありますので、最新情報は厚生労働省等、公的機関のサイトで必ずご確認下さい。

 

日本帰国時の自宅等待機期間は?

2022年6月1日からの水際対策措置の見直しにより、

フィリピンからの入国者及び帰国者については、
フィリピン出国前72時間以内に受けたPCR検査の陰性証明書を取得・提出することにより、ワクチン接種の有無にかかわらず、入国時検査を実施せず、入国後の自宅等待機を求めないこととなりました!

 

 

日本-セブ間の飛行機の運航状況、運賃はどうなの?

※2022年8月3日時点の情報です。

現在、日本-セブ間の直行便数はまだ限られておりますが、
8月の増便が決まったとフィリピン航空より発表がありました。

セブ直行便 8月フライトスケジュール

●成田-セブ 週3便:水・土・日曜日運航が決定致しました。

PR433便 成田/セブ 14:40/19:00・・・水/土/日曜日運航
PR434便 セブ/成田 07:45/13:40・・・水/土/日曜日運航

●関西-セブ 8/11(木)、8/15(月)の2便

マニラ経由の乗り継ぎ便を利用する方法もございますが、
マニラでの入国手続きに時間を要する可能性がある為、手配する際は乗り継ぎ時間に十分注意が必要です。

前便が遅延した場合のリスクを考えると直行便の方が安心です!

 

また、航空券の運賃が今まだ高額であることが現状です(>_<)

購入のタイミングにもよりますが、往復でだいたい15万円前後です。

今後もう少し便数が増え、安定した運航となりましたら、
価格も下がってくるのではないかと予想しております。

まとめ

2022年6月より、
フィリピン入国条件、日本帰国条件がさらに緩和されました

ただし、引き続き必要な条件がございますので、注意が必要です。

航空券確保のハードルがまだ高いのも現状ですが、

引き続き、今後の動向を注視していきたいと思います。

※入国条件等は急な変更もありますので、最新情報は大使館や厚生労働省等、公的機関のサイトで必ずご確認下さいませ。