フィリピン留学!セブ島留学!! 短期で英語力が身に付くマンツーマン集中レッスンはフィリピン・セブ島留学ならでは!

  • 英語公用語人口世界第3位のフィリピン
  • フィリピン・マニラへ セブ島へ!直行便で4時間!
  • フィリピンの島々で美しい海を間近に過ごすリゾート留学。町を楽しむ便利なシティ留学も。
  • フィリピン親子留学シニア留学でも安心のホスピタリティー
  • 1週間からの短期留学も受け入れ可能
  • フィリピン語学学校パッケージプログラム。授業費・寮費・食費(3食)のすべてが揃い、週に3万円台の格安留学
  • フィリピン人英語講師、その指導力は折り紙付
  • マンツーマンレッスンが基本のフィリピン・セブ島留学で、一気に英語力アップ!!
  • フィリピン・セブ留学の多彩な授業カリキュラムは、カスタマイズ可
  • フィリピンの物価はとにかく安い。日本のおよそ3分の1~5分の1
  • 大型ショッピングモールなど生活便利
国旗
英語公用語人口世界第3位のフィリピンだから、フィリピン・セブ島留学には優秀な英語講師が揃います!
国旗
日本からフィリピン・マニラへセブ島へ!直行便で4時間!時差はたったの1時間の手軽さ!!
国旗
フィリピンの島々で美しい海を間近に過ごす、リゾート留学を満喫できる。ダイビングやシュノーケリング、アイランドホッピングなど、週末アクティビティーも充実!
国旗
親日国で、優しく明るいフィリピン人だから、親子留学シニア留学でも安心。ナーサリーの免許を持ったフィリピン人も多数います。
国旗
1週間からの短期留学も受け入れ可能校が多いのがフィリピン留学。長期休暇が取りづらい社会人でも、旅行感覚で留学できます!
国旗
ほとんどのフィリピン語学学校の留学プログラムが、学校パッケージプログラム。授業費・寮費・食費(3食)のすべてが揃い、週に3万円台という格安留学も。上質ホテル級の部屋で生活しても、授業費・お部屋代・食事(3食)込で1か月15万~25万円という価格。
国旗
フィリピン人英語講師すべてが第二言語に英語を持ち、ネイティブに近い英語力を備えている。TOEIC対策、IELTS対策など、資格対策英語留学としても、結果が出る留学がフィリピン留学!その指導力は折り紙付!
国旗
マンツーマンレッスンが基本のフィリピン・セブ島留学だから、1レッスンあたりの発話量が欧米留学の10倍以上!とにかく聞いて、話す。話して、また聞く。この繰り返しで、驚異的に英会話力アップ
国旗
フィリピン・セブ留学の多彩な授業カリキュラムは、生徒のレベルに合わせてカスタマイズできるのも魅力。資格対策英語日常英会話など、コースも豊富です。
国旗
フィリピンの物価はとにかく安い。特に生活必需品などは日本のおよそ3分の1~5分の1。例えばタクシー初乗りは80円。30分以上車の距離でも500円~600円程度。また、ジプニーと呼ばれる公共の交通機関である窓のないバスの様な乗り物は、20円台。食事は多国籍で、安価。日本食レストランなども充実。
国旗
必要な物がほとんど購入できる大型ショッピングモールがどの留学先学校にも近い位置に点在しているのがフィリピン・セブ島留学。生活に不便は感じません。

空と海の青が広がる常夏のリゾート フィリピン・セブ島英語留学。

海・風景

今、セブ島英語留学が熱い!
価格・語学力伸び率・アクティビティすべてが揃ったリゾート留学。

 眩いほどの青と太陽の光に包まれた、魅惑のフィリピンセブ島。ここ近年、語学留学の新たなるステージとして、多くの企業・国から熱い注目を浴びています。
意外と知られていませんが、実はフィリピンは「英語公用語人口世界第3位」の英語大国。各分野における技術・意識の改革を通して、国民への教育水準は年々向上し、現地訛りのないネイティヴスピーカー(母国話者)が増えています。

授業・滞在宿泊費・食事付きで、1週間で3万円台も多数 !!
フィリピン・セブ島格安留学も。

国別留学費用比較 まずは、驚くほどリーズナブルな留学費用。従来の留学先として不動の地位を築いていたアメリカやオーストラリアなどの国と比較してみると、その差は歴然です。その上、ほとんどの語学学校が寮もしくは提携先のホテルを宿泊先としてセットで提供。授業・宿泊施設・食事などトータルで合わせても、1週間で3万円台というケースも多数あります。

豊富なマンツーマンレッスンで英語力が飛躍的に伸びる!

SMEAG提供 TOEICスコア推移 次に、授業内容の充実度。講師とのマンツーマンレッスンに重点を置くスタイルを大きな特徴とするセブ留学は、ヒアリング・スピーキングの弱点をしっかりとカバー。発話の量は欧米留学の5~10倍とも言われています。また、TOEICやIELTSなどの資格対策にも強いのが特徴。優秀な講師陣による親身なサポートで、飛躍的にスキルアップできます。

海リゾートへ、シティへ。
数十分で行き来できるから楽しみ方も2倍 !!
成田、中部国際空港、関西から、セブ島へマニラへも直行便がでています。
所要時間は、たった4時間!

セブ島アクティビティ 豊かな自然に恵まれたセブ島は、マリンスポーツを中心としたアクティビティが非常に充実。アイランドホッピングやダイビング、ジンベエザメツアーなど、オフの日は思いっきり遊ぶことができます。また、セブ島はフィリピン内の他地域よりも犯罪率が極めて低く、女性や高齢者からも人気。ただし、日本と比べて盗難等の犯罪が頻発しているのも事実。注意は十分に必要です。
 フレンドリーなフィリピン人の国民性や、1/3~1/2の物価、近さなど、セブ留学の魅力は留まりません。学生さんはもちろん、社会人やシニア、親子留学の受け入れができる学校も。「とにかく、英語力を上げたい」「勉強も遊びも満喫したい!」という人は、セブ島で一気に伸びる英語力を実感してみてください。

フィリピン・セブ島 Q&A 実際どんなところなの?

Q.日本から何時間で行けるの?

A.名古屋→フィリピン首都マニラ→セブ島のフライト時間で、約5時間。(別途乗り換え時間がかかります。尚、年内には名古屋からの直行便が就航予定!)

Q.時差はどれくらい?

A.フィリピンは日本の-1時間。時差ぼけの心配もなく、日本への電話やメールなど、時間帯を気にする必要はありません。

Q.物価はどれくらいなの?

A.現地貨幣は10ペソ(以下P)=約25円(2016年2月現在)。ペットボトルのミネラルウォーター1本20P、映画鑑賞1回50P、タクシー運賃(初乗り)40Pが目安です。また、ジプニー(集合バス)は初乗りで約8Pと破格!

Q.気温はどれくらい?

A.時期による気候の大きな変化はなく、通年で平均26~27℃となります。半袖と薄手の上着があれば十分!目立った雨季がないので、一年を通してマリンスポーツが楽しめます。

フライト時間・時差

Q.どんなエリアがあるの?

A.主に、セブ島中心地のセブシティと、海に面したリゾートエリアのマクタン島に分かれます(地図参照)。セブシティとマクタン島間は車で約20~30分。リゾートとシティを気軽に行き来でき、満喫できます。

セブ島 地図

Q.食事はどんな感じ?

A.代表的なフィリピン料理は、レチョン(豚の丸焼き)、アドボ(肉の甘辛煮)やシニガン(魚介類や肉の入った酸味のあるスープ)など、クセがなく食べやすい風味が特徴。また、セブ島には韓国料理店やイタリアン、和食レストランが多いので、世界各国の味をリーズナブルに楽しむことができるのも嬉しいポイントです。

Q.日本人はどれくらいいるの?

A.フィリピン全体には約17,702人(注)、うち長期滞在者は約12,684人、永住者は約5,018人。過去5年間で、全体数は約23%、長期滞在者数は10%増加しているとのことから、近年の注目が分かります。また、セブ州には1,921人の邦人が滞在しています。(注)2011年10月時点、在フィリピン日本国大使館に提出済の「在留届」を基礎資料として算出。

Q.治安は大丈夫?

A.普通の生活を過ごすにあたり、問題はほぼありません。観光地であることから、他エリアと比べてセブは治安の良さは一般的に評価されています。ただし、深夜の一人歩き、スラム街、派手すぎる服装の着用は避けるなど、本人自身の注意も必要です。

Q.2013年は地震や台風があったけど…

A.幸いセブは直撃をまぬがれました。発生当時は停電と断水がわずかに続きましたが、すぐに通常の生活が戻り、レストラン・カフェ・ショッピングモールなども活気にあふれています。地震・台風による影響で、滞在にあたっての不便・心配はありません。

名物 レチョン豚の丸焼き

レチョン豚の丸焼き。パリパリした皮と、柔らかでジューシーなお肉はボリューム満点!

名物 ハロハロ

カラフルで涼しげなハロハロ、実はフィリピン名物!トロピカルな味わいを楽しめる。

代表料理 シニガン

野菜と車エビをベースに煮込んだ、フィリピンの代表的なスープ、シニガン

写真提供:フィリピン政府観光省&一村五男