フィリピン渡航情報

フィリピン航空vsセブパシフィックvsバニラエア!首都圏からセブへ就航中の3社を比較

eyecatch

少し前までセブ留学ではフィリピン航空しか利用できませんでしたが、
LCCであるセブパシフィックとバニラエアが相次いで就航した事で、選択肢が大幅に広がりました。
そこで現在首都圏より就航している直通便3社を徹底比較してみたいと思います。

※ちなみに2017年8月時点での記事のため、時刻表や料金は変更される場合もございます。

それでは早速1社ずつ見て行きましょう。

フィリピン航空

まずは3社の中で唯一のレガシーキャリアであるフィリピン航空です。
成田空港第二ターミナルからセブ・マクタン空港まで1日2便、毎日運行しています。
フィリピンの航空会社になりますが、機内には日本人のCAもいましたので日本語での対応も安心です。
空港のチェックインカウンターでは、成田空港は日本人スタッフによる対応なので問題ありませんが、セブ空港は日本人スタッフがいないため英語が出来ないと・・・と思いきやフィリピン人でも少し日本語が話せたのでこちらも安心です。

 
成田⇒セブ

PR435便 09:35発⇒13:35着(A321-200)
PR433便 14:40発⇒18:40着(A321-200)

セブ⇒成田

PR434便 08:00発⇒13:40着(A321-200)
PR436便 14:45発⇒20:30着(A321-200)
 

使われている機材はA321-200になるので、エコノミークラスには通路を挟んで3列-3列で169席のシートが装着されています。
エコノミークラスのシートピッチは30インチ(約76cm)で、シート幅は18インチ(約46cm)ですので、後ほど記述するLCCとさほど変わらない広さになります。

PhilippineAirLine_01

PhilippineAirLine_02

シート背面にはディスプレイが設置されてないので、機内でエンターテインメントを楽しむためには、事前にスマホやタブレットに「myPAL Player」というアプリをダウンロードしておき、機内wifiに接続することになります。

ANAやJALと同じくレガシーキャリアになりますので、機内食やフリードリンク、ブランケットや枕の無料貸し出しもあります。

PhilippineAirLine_06

PhilippineAirLine_05

値段は時期にもよりますが、エコノミークラスは閑散期で往復4万円〜、繁忙期で9万円〜ほどです。

預け入れ出来る荷物は、1個当たり23kgまで、かつ3辺(縦・横・高さ)の和は158cmまでを最大2つまで、 機内持ち込み荷物は7kgまで、かつ3辺(縦・横・高さ)の和は115cmまでを1つまでとなっています。

 

セブパシフィック航空

次にフィリピンのLCC(格安航空会社)であるセブパシフィック航空です。

こちらも成田空港第二ターミナルからセブ・マクタン空港まで運行していますが、

1日1便となり行き帰り共に火木土日の週4運行となります。

CebuPacific_04

 
成田⇒セブ

5J5063便 12:05発⇒16:40着(A321-200)

セブ⇒成田

5J5062便 05:55発⇒11:20着(A321-200)
 

使われている機材はA320-200で、ほぼフィリピン航空と同じになります。

ただフィリピン航空と違い、ビジネスクラスがないためエコノミークラスの座席数は3列-3列の180席となります。

CebuPacific_05

CebuPacific_06

機内のCAはフィリピン人しかいませんでしたので、基本的に英語での対応になると思います。

チェックインカウンターは、成田では日本語もOKでしたがセブでは英語対応のみとなります。

預け入れ荷物・座席指定・機内食やドリンクは有料となります。

CebuPacific_08

CebuPacific_09

CebuPacific_01

CebuPacific_02

CebuPacific_03

フィリピン航空は1〜2kgの超過荷物でしたら見逃してくれるのですが、LCCは少しでも超えると1kgあたり2,800円の追加料金が必要となります。

機内持ち込み荷物は7kgまでで、56cm × 36cm × 23cmまでになっています。

枕やブランケットも貸し出しがなく、有料での販売になっているようです。

セブパシフィックはフィリピン航空やバニラエアよりも機内温度が寒く感じたので、羽織るものを持って行った方が良いです。

気になるお値段ですが、閑散期で往復5万円〜、繁忙期で7万円〜ほどです。

これだけ見るとあまりお得感はないですが、頻繁に以下のようなセールを行っていますので、セールを狙うと格安で行くことが出来ます。

CebuPacific_10

 

バニラエア

最後は日本のLCC(格安航空会社)であるバニラエアです。

こちらは成田空港第三ターミナルからの運行となりますので、第二ターミナルからシャトルバスか徒歩での移動が必要となってきます。

1日1便で毎日運行しています。

 
成田⇒セブ

JW601便 10:30発⇒14:30着(A320-200)
※10/29より10:00発⇒14:30着

セブ⇒成田

JW602便 15:30発⇒21:10着(A320-200)
※10/29より15:20発⇒20:55着
 

使用機材はセブパシフィックと同様A320-200で、エコノミークラス3列-3列の180席となります。

日系の航空会社になりますので、CAやチェックインカウンターも日本人の方が多く英語が不安な方でも安心して利用できます。

預け入れ荷物・座席指定・機内食ドリンクはセブパシフィック同様有料となります。

VanilaAir_01

VanilaAir_01b

VanilaAir_02

VanilaAir_03

枕やブランケットもセブパシフィック貸し出しがなく、ブランケットは¥1,500で販売していました。

気になるお値段ですが、往復2万円〜7万円ほどでした。

こちらも頻繁にセールを行っており、1万円ちょっとで往復することが出来ます。

VanilaAir_04

セブパシフィックやバニラエアは往復で買っても割引がつく訳ではないので、

時間や料金次第では、行きはセブパシフィックで帰りはバニラエアを使うという合わせ技も可能です。

(セブパシフィックのセブ発5:55amが少しキツイので・・・)

 

比較表(成田空港の場合)

航空会社
/項目
フィリピン航空 セブパシフィック バニラエア
往復航空券料金 4万円〜9万円 5万円〜7万円(セールだと12,500円〜) 2万円〜7万円(セールだと15,000円〜)
預け入れ荷物 23kg×2まで無料 有料となり15kg1,600円〜 コミコミバニラプランは無料だが、シンプルとわくわくバニラプランは有料となり20kg2,000円〜
座席指定 無料 有料となり片道700円〜 コミコミバニラプランは無料だが、シンプルとわくわくバニラプランは有料となり500円〜
機内食 あり 有料となり機内で購買(100〜500ペソほど) 有料となり機内で購買(350〜1,200円ほど)
チェックイン時刻 出発時刻の2時間前〜50分前まで 出発時刻の3時間前〜45分前まで 出発時刻の2時間前〜50分前まで

 

まとめ

LCCに抵抗がある方は機内サービスもあるフィリピン航空が良いと思いますが、価格重視の方にはセブパシフィックとバニラエアをオススメします。
特にバニラエアはANAホールディングス100%出資の日本の会社なので、英語に抵抗がある方でも安心してご利用出来ます。

セールはリリースされると共に早めに埋まっていくので、バニラエアはLINEで友達になっておくと、事前にセール情報を教えてくれたりします。
セブパシフィックはツイッターをフォローしておけばチェック出来ますが、セール開始時間よりも数時間遅くツイートされることもあるようなので、毎朝ホームページをチェックするのが堅実かもしれません。

機内サービスや価格の他に、現地発着時間なども考慮して、ご自身のプランにあった航空会社を選んでみてください!

 
 
Cebutaki

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!

東京‐セブ間、バニラエアを初利用!

先日、日本からセブへの渡航で、遅れながら、バニラエアを利用しました!

 

今回のフライトは、成田(東京)‐セブ間の直行便です。

 

夏休みやお盆などの繁忙期ではなかったので、航空券代は片道13,000円から15,000円とリーズナブルでした!

 

成田空港第2ターミナルから徒歩で約600m(シャトルバスも運行)のところにある第3ターミナルが受付、搭乗口です。

 

S__4358151

 

第1  、第2ターミナルに比べると、やや質素な造りですが、コンビニ、本屋、土産屋、

フードコートなど必要な施設は揃っていたイメージです。

 

S__4358152

 

国際線受付カウンターは、搭乗の2時間前より開放、遅くても搭乗50分前のチェックインが必要です。

 

カウンターまでの列では、専用機械を使用した事前チェックインを行います。この時点で、予約票や携帯画面の予約QRコードとパスポートをかざし、その場でチケットが発券されます。カウンターでは預け入れ荷物を預ける、という流れです。

 

S__4358153

 

預け入れ荷物の中身について、バッテリーがあるもの(ポケットWi-Fiや携帯充電バッテリー、電子たばこなど)は手荷物でしか持ち込めないようです。

 

搭乗時はこんな感じで搭乗しました↓

 

S__4358155

 

機内の様子はこちら↓(当日は満員でしたが、撮影のために一番初めに入りました)

 S__4358157

シートはこんな感じです↓

 S__4358156

やや狭い感じと、シートが少し硬い気がしましたが、4時間半のフライトであれば、苦痛にはならないと思います。(あくまで個人的な感想です)

 

機内では、食事やドリンクはすべて有料、任意での購入となります。

 

機内販売のメニュー表(一部)はこちら↓

 07122017142416-0001

07122017142449-0001

 

シートに、枕やひざ掛けはありませんでしたが、機内には日本人CAさんのみでしたので、お客さんへの対応やお子様への対応は、さすが日本人というものでした。(決してフィリピン系の航空会社を否定するわけではないですが)

 

 

総括

 

東京、大阪からセブへの直行便が運航されるバニラエア、航空券代を安く抑えたいという方にはオススメです!もちろん、夏休みやお盆、年末年始などのピークシーズンは航空券代も高騰しますが、それ以外の時期であれば、他よりも安く、直行便でセブへの往復が可能です!

 

機内食や機内サービスは有料、任意ですので、とことんコストを抑えたい方は、一度ご利用されてみてはいかがでしょうか?

 

セブまでの直行LCCの運行が増えれば、もっと多くの方にセブへ渡航するチャンスができるので、留学生や旅行者にとっては強い味方となりそうです(^^

 

 

FUKUDA

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!

セブナビメンバーセブに上陸♪

日本中が寒波でぶるぶる震えている中

真夏のセブ島に行ってきました(^O^)

 

温度差25℃くらいでしょうか…

セブ島には四季はなく年中30℃前後ですので、

冬に留学をしてもとても暑いです!

ただ、四季がないといえど、【雨季】と【乾季】があるので

年中暑くても少し空気感が違ってきます。

12月は雨季の為、湿度がたか〜い!ジメジメ。

 

 

さて、今回は更にフィリピン・セブ島留学を盛り上げる為

アドキットインフォケーションのスタッフと共にセブ島に上陸しました!

ジャン!

 

76845 (2)

 

厳選されたメンバーです…!!!笑

既に前のりしていた弊社社長と合流し、これから始まるセブ島の旅へ出発…(^O^)/

頼もしいメンバーと4日間張り切っていきましょう♪

 

と、その前に今回の渡航はマニラで乗り継ぎ。

マニラからセブへの国内線が本来なら1時間程度だったはずが

なんと〜4時間待ちに( ゚Д゚)⁉

マニラからは2班に分かれての渡航だったのですが

先に出発予定のA班は、後で出発するB班より、遅れて出発→遅れてセブ島に到着…笑

逆転してしまいました!笑

 

マニラ空港の場合、国内線は遅延やゲートが変わることがありますので

最新情報が随時必要となってきます。

時間があるから大丈夫!ではなく、常に最新情報を気にすると良いかと思います。

 

12月19日から関西国際空港、中部国際空港から新しく直行便が運航されることになり

乗り継ぎ便でなくともセブ島へ行けることになりました★

本当に喜ばしいことですね。

 

 

話が前後しましたが

セブマクタン空港に到着すると、Xmas仕様となっていました。

76862 (2)

 

暑い暑いXmasです(^^)/

 

 

つづく。

 

 

 

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!

娘のセブ留学

2014年の8月の夏休み中にフィリピン・セブ島留学をする娘。
2014年3月に留学することを決めました。

そもそも何故フィリピン・セブ島で留学なのか?
まずは全てが安いそして海が綺麗‼
海の綺麗さは、何度もセブにはダイビングに行っているのでお墨付きです。

セブナビドットコムでお勧めの留学先を聞いて、ベイサイドプレミアム校に決定!
往復の飛行機チケットも取り、スカイプも数回無料で利用しました。

出発1週間前になり、心配で娘の住む東京へ様子をうかがいにいきました…。
何も用意していないではないか(;―_)
(ゆとり教育のせいにしておこう…)

せめて必要最低限のものを準備しなければ!
ということでセブナビドットコムのスタッフに教えてもらいました。

まずは
パスポートサイズの顔写真。
何枚いるのかよくわからないので適当に数枚撮る…。
後に現地でも調達できると聞く。

シャンプー&トリートメント
これは大事です。日本のような製品はフィリピンでは期待できないので…。
100円ショップで小さな容器を購入し、いつも使っているシャンプーとトリートメントを詰め替えて持っていきます。
液体物はまとめてジップロックに入れればOK

旅行保険。
ネットで旅行保険に加入。
いつも使うクレジットカードにも補償額20万までが付いているのですが、迷った挙句、旅行保険に加入しました。

成田までのバス予約。
一番安いバスが、東京〜成田900円!
が、降りる場所をどこにするかで迷いました。
空港内のターミナル同士は遠く、間違ったターミナルに到着すると移動に時間がかかります。
留学で使うフィリピン航空は第2ターミナルにあります。
カウンターABは第2ターミナルの北ウィング側に近いので、北ウィングで降りる。
従って2番のりば行きのバスでOK。
バスは安いけど、間違いやすいので不安な方は電車でGO!

現地通貨ペソは現地両替がおすすめ。
現地支払のペソもあらかた用意し、娘に渡しました。ペソは以前旅行に行ったときに持っていた残りです。替えるなら現地の両替所で。一番レートがいいです。

さまざまな不安を抱えつつ、娘は無事飛び立って行きました。

その夜、留学コースが、スパルタコース(1日8時間授業)なのがバレ、娘から怒りのLINEが届くのである。

しかし数日後、「余裕でこのコースでいける」とのこと。
事前の設定は高めにしておく方が吉。

スーパーで買ってきたマンゴーとバナナチップスを毎日食べるのが至福の時と申しておりました。

Rumi

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!

フィリピン専門旅行会社「マブハイチケット」

フィリピン・セブ島へ行くのなら、どうせなら安く行きたいですよね。
でも、安い航空券ってなんだか不安…。
そこで、安いけれど実績のある「マブハイチケット」を使って航空券を取り寄せてみました。

 

「マブハイケット」とは?
セブ島ツアーやフィリピン(マニラ、ダバオ、ボラカイ島)の格安航空券の取り扱いとホテルの予約ができるフィリピン専門の旅行会社です。

 

スクリーンショット(2014-04-20 14.54.16)

マブハイチケット
www.mabuhay-ticket.com/‎

 

さっそくセブまでの航空券をさがしてみると、航空会社別に沢山あり過ぎてどれが良いのか分からない…???

名古屋空港発航空券
困った……
取りあえずお問い合わせフォームで「成田からの直行便」、「行き帰りの日にち」を記入、さらに「どれがお得ですか?」などの質問等をして送信〜♫
すぐに返事が来ました。
「あと空きが5席です。どうしますか?」とのこと。
時刻や値段などの明細も添付されていました。
もちろん、速効買いです!
申込に必要なパスポートの写しはラインかメールで良いとのこと。
簡単!
頼んで良かったです。(*^_^*)
返事が早いので、思い立ったらすぐ、セブに行けますね。
さて、そんな「マブハイチケット」で申し込んだ航空券で。ダイビングへ向かいました。
cebupacificair

のどかですね〜
これはボホール島のタグビララン空港です。
滑走路を歩いて乗り込みます。
クマノミ
「ニモ」こと「カクレクマノミ」です。
クマノミは守りが固く、攻撃性があります。
見た目はとってもかわいいですが、間違っても手は出さないように!
私はいつもコンソールゲージ(ダイビングの必需品の残圧計、水深計、コンパスが一緒になったものです)を使って遊んでますwww
ミノカサゴ

この子大好き!
ミノカサゴは毒があるのでおさわり禁止です。

今回も大満足のダイビングでした。

みなさんもフィリピンに行く際は、「マブハイチケット」ものぞいてみてくださいね。

Rumi

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!