セブ島留学生活便利情報

セブに来たら、ジンベイザメと一緒に泳ごう!

セブ島への旅行、留学中と言えば、
海に行ったり、リゾートでくつろいだり、美味しいものを食べたり・・・。

 

そんな中、今回はオスロブで体験できる「ジンベイザメ」スノーケリングをご紹介♪

 

手が届く距離間で“ジンベイザメと一緒に泳ぐ”ことがセブでは体験できます!

まずは、セブ島の南に位置するオスロブを目指します。

ジンベイザメツアーへ案内してくれる咲楽(さくら)掲載店の情報はこちらから↓
http://cebu-navi.com/sakura/cact

セブ市内から、車で移動すること約3時間

(3時間!?長いし遠いな・・・と思う方もいますが、それだけの価値があります!)

セブ島は、南や北に行くほど、よりきれいな自然が残っているため、マクタン島周辺とはまた違った感動に出会えます。

通称ジンベイ海岸と呼ばれる政府指定のスポットに到着

S__6823939-min

世界各国、様々なところから、ジンベイザメをその目で見て、一緒に泳ごうと、多くの人々でにぎわいます!

まずは、海岸より小舟(5-6人乗りのボート)で岸から30-50Mほどへ移動

S__6823940-min

水面をよくみると・・・ ジンベイザメの背中や口が見える!!

(初めての方は、水族館の水槽内でしか見たことない彼らが、どれだけ大きいか驚くことでしょう 笑)
ジンベイザメをみる際は、自然保護や、ジンベイザメ保護のため、所定のルールがあります!(ジンベイザメに自ら触れてはいけない、など)

しっかりとルールを確認した上で、いざ、シュノーケリング開始!

水面を覗くと・・・・ !!!!!!!!!

S__6823945-min

すごく大きい!そして、めっちゃ近い!(笑)

本当に手が届く距離に、ジンベイザメたちが泳いでいます!

(こちらか触れるのはNGですが、まれにジンベイザメの方からぶつかってくることも!でも安心、ケガなどの恐れはほとんどなく、本当に温厚で優しい生き物です)

ジンベイザメを記念にパシャリ♪(後ろからぶつかるのではないかとドキドキ・・・笑)

S__6823941-min

なかなか文章だけでは、この感動をお伝えしきれませんので、機会がある方はぜひ、オスロブでジンベイザメと泳ぎ、セブでの思い出作りを(^^)/

ジンベイザメツアーへ案内してくれる咲楽(さくら)掲載店の情報はこちらから↓
http://cebu-navi.com/sakura/cact

今セブにいる方も、これからセブにくる方も、セブを思いっきり楽しんでください★

FUKUDA

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!

セブ土産はどこで買う?(KULTURA編)

セブのお土産はどこで買えばいいですか?

 

という質問をよく受けることがあります。

 

今回は、セブ土産を買う際におすすめできる「KULTURA」(クルトゥラ)をご紹介します♪

 

セブのお土産と言えば、ドライマンゴーやお菓子類、”I LOVE CEBU”と書かれたT-シャツなど、有名なものがたくさんありますが、

 

フィリピンの伝統工芸や、フィリピン特産の物資、天然素材を使用したお土産を買えるのが、ここKULTURAです。

 S__4833297

S__4833298

女性へのおすすめポイントは、

貝殻を使用したピアスや、規格外の真珠を使用したアクセサリーなどが、なんとP150~から販売されていること!

 S__4833296

その他にも、食器類や、置物、トートバックや、もちろんお菓子やT-シャツも、

 S__4833299

意外と他では発見できない、喜ばれるお土産がたくさんあります(^^

 

セブのお土産に困ったら、KULTURAに足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

KULTURAは、セブ市内アヤラモールからタクシーで15分ほど、「SM Seaside Mall」の1Fノースウィングにあります。

 S__4833295

 

FUKUDA

 

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!

東京‐セブ間、バニラエアを初利用!

先日、日本からセブへの渡航で、遅れながら、バニラエアを利用しました!

 

今回のフライトは、成田(東京)‐セブ間の直行便です。

 

夏休みやお盆などの繁忙期ではなかったので、航空券代は片道13,000円から15,000円とリーズナブルでした!

 

成田空港第2ターミナルから徒歩で約600m(シャトルバスも運行)のところにある第3ターミナルが受付、搭乗口です。

 

S__4358151

 

第1  、第2ターミナルに比べると、やや質素な造りですが、コンビニ、本屋、土産屋、

フードコートなど必要な施設は揃っていたイメージです。

 

S__4358152

 

国際線受付カウンターは、搭乗の2時間前より開放、遅くても搭乗50分前のチェックインが必要です。

 

カウンターまでの列では、専用機械を使用した事前チェックインを行います。この時点で、予約票や携帯画面の予約QRコードとパスポートをかざし、その場でチケットが発券されます。カウンターでは預け入れ荷物を預ける、という流れです。

 

S__4358153

 

預け入れ荷物の中身について、バッテリーがあるもの(ポケットWi-Fiや携帯充電バッテリー、電子たばこなど)は手荷物でしか持ち込めないようです。

 

搭乗時はこんな感じで搭乗しました↓

 

S__4358155

 

機内の様子はこちら↓(当日は満員でしたが、撮影のために一番初めに入りました)

 S__4358157

シートはこんな感じです↓

 S__4358156

やや狭い感じと、シートが少し硬い気がしましたが、4時間半のフライトであれば、苦痛にはならないと思います。(あくまで個人的な感想です)

 

機内では、食事やドリンクはすべて有料、任意での購入となります。

 

機内販売のメニュー表(一部)はこちら↓

 07122017142416-0001

07122017142449-0001

 

シートに、枕やひざ掛けはありませんでしたが、機内には日本人CAさんのみでしたので、お客さんへの対応やお子様への対応は、さすが日本人というものでした。(決してフィリピン系の航空会社を否定するわけではないですが)

 

 

総括

 

東京、大阪からセブへの直行便が運航されるバニラエア、航空券代を安く抑えたいという方にはオススメです!もちろん、夏休みやお盆、年末年始などのピークシーズンは航空券代も高騰しますが、それ以外の時期であれば、他よりも安く、直行便でセブへの往復が可能です!

 

機内食や機内サービスは有料、任意ですので、とことんコストを抑えたい方は、一度ご利用されてみてはいかがでしょうか?

 

セブまでの直行LCCの運行が増えれば、もっと多くの方にセブへ渡航するチャンスができるので、留学生や旅行者にとっては強い味方となりそうです(^^

 

 

FUKUDA

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!

フィリピン航空では、映画が無料で鑑賞できる!

ご存知の方もいらっしゃると思いますが、フィリピン航空でのフライトの際、無料のアプリを事前にダウロードしておけば、フライト中、映画やアニメが無料で視聴できます!

 

まず、飛行機へ搭乗する前に、スマ-トフォン用のアプリ「my PAL Player」をダウンロードしておきます。

*搭乗前にダウンロードが必要です。

 S__4407336

 

後は、飛行機へ搭乗後、機内で使用可能なWi-Fimy PAL」へ接続、飛行機が離陸し、安定した後、お手元のスマートフォンで、視聴が可能となります!

 

映画の種類はたくさん(^^ 

つい最近公開されたものから、名作まで、豊富なラインナップでした!

S__4341804

S__4341803

 

なんと、日本語の字幕付きも選択可能!

 S__4341807

 

さらに、機内でのアナウンス中は、自動的に一時停止となりますので、大切なアナウンスを聞き漏らすこともありません!

S__4341808 

 

次回、フィリピン航空をご利用される際は、ぜひお試しを(^^)/

 

 

FUKUDA

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!

セブ島が眠る4日間。

日本では5月に大型連休のゴールデンウィークがあります。

セブ島(フィリピン)でも似たような大型連休のホーリーウィークというものがあるのは知ってますか?

このホーリーウィークは3月又は、4月中にあたりイェス・キリストの最後の晩餐、そして復活までを再現されるお祭りであり、

キリスト教カトリック信者が多いフィリピンにとっては最も大事な行事とされております。

この期間ほとんどのお店は休みとなり、大型モールも丸ごと閉まる時もあるので、観光される方には要注意期間です。

モール等の定休日に関しては、Facebook公式ページで確認しましょう。

 

RYU

 

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!