英語漬けジュニアキャンプ 2018春・夏参加募集スタート!

毎年大人気!英語漬けジュニアキャンプ 2018春と夏の参加募集がスタートしました(^^)
cebu20170805_309

 

cebu20170807_57cebu20170808_78
1:1が基本のレッスンに加え、少人数制グループでのサイエンスやレベル別でのグループレッスンもあります。

 

cebu20170805_343
お部屋ではフィリピン人ガーディアン講師と24時間英語漬けの毎日!

 

cebu20170812_119cebu20170813_25

BBQやプール、シュノーケリングと様々なアクティビティが盛りだくさんで、楽しく満喫できる集中プランで子ども達の英語力を大きく伸ばします!夜には日本人スタッフの監督付きで日本の宿題や試験勉強ができる時間も確保!

【参加対象年齢】小学1年生~高校3年生

■春ジュニアキャンプ日程 2018年3月24日(土)~4月1日(日) 8泊9日間
■夏ジュニアキャンプ日程 2018年8月1日(水)~8月18日(土) 17泊18日間

子ども達の長期休暇を余すことなく活用するセブナビ主催の大人気のセブ島ジュニア英語留学は、定員になり次第終了となります。お早めにお申込みください!

英語漬けジュニアキャンプの詳しい情報はこちらから⇒セブナビドットコム 英語漬けジュニアキャンプ情報
英語漬けジュニアキャンプに関するお問合せはこちらから⇒セブナビドットコム 無料メール相談
英語漬けジュニアキャンプの口コミを見る⇒セブナビドットコム ジュニアキャンプ 口コミ

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!

セブに来たら、ジンベイザメと一緒に泳ごう!

セブ島への旅行、留学中と言えば、
海に行ったり、リゾートでくつろいだり、美味しいものを食べたり・・・。

 

そんな中、今回はオスロブで体験できる「ジンベイザメ」スノーケリングをご紹介♪

 

手が届く距離間で“ジンベイザメと一緒に泳ぐ”ことがセブでは体験できます!

まずは、セブ島の南に位置するオスロブを目指します。

ジンベイザメツアーへ案内してくれる咲楽(さくら)掲載店の情報はこちらから↓
http://cebu-navi.com/sakura/cact

セブ市内から、車で移動すること約3時間

(3時間!?長いし遠いな・・・と思う方もいますが、それだけの価値があります!)

セブ島は、南や北に行くほど、よりきれいな自然が残っているため、マクタン島周辺とはまた違った感動に出会えます。

通称ジンベイ海岸と呼ばれる政府指定のスポットに到着

S__6823939-min

世界各国、様々なところから、ジンベイザメをその目で見て、一緒に泳ごうと、多くの人々でにぎわいます!

まずは、海岸より小舟(5-6人乗りのボート)で岸から30-50Mほどへ移動

S__6823940-min

水面をよくみると・・・ ジンベイザメの背中や口が見える!!

(初めての方は、水族館の水槽内でしか見たことない彼らが、どれだけ大きいか驚くことでしょう 笑)
ジンベイザメをみる際は、自然保護や、ジンベイザメ保護のため、所定のルールがあります!(ジンベイザメに自ら触れてはいけない、など)

しっかりとルールを確認した上で、いざ、シュノーケリング開始!

水面を覗くと・・・・ !!!!!!!!!

S__6823945-min

すごく大きい!そして、めっちゃ近い!(笑)

本当に手が届く距離に、ジンベイザメたちが泳いでいます!

(こちらか触れるのはNGですが、まれにジンベイザメの方からぶつかってくることも!でも安心、ケガなどの恐れはほとんどなく、本当に温厚で優しい生き物です)

ジンベイザメを記念にパシャリ♪(後ろからぶつかるのではないかとドキドキ・・・笑)

S__6823941-min

なかなか文章だけでは、この感動をお伝えしきれませんので、機会がある方はぜひ、オスロブでジンベイザメと泳ぎ、セブでの思い出作りを(^^)/

ジンベイザメツアーへ案内してくれる咲楽(さくら)掲載店の情報はこちらから↓
http://cebu-navi.com/sakura/cact

今セブにいる方も、これからセブにくる方も、セブを思いっきり楽しんでください★

FUKUDA

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!

2017セブ島リゾートホテルで秋の親子留学!!

2017年秋に、セブナビドットコムとFirst Englishの特別共同企画を開催致します。
「セブ島リゾートホテルで親子留学」をご提供させて頂きます。
ママもお子様もそれぞれマンツーマン1×1クラスが基本の英語留学です!
親子同クラスやベビーシッティング英語クラスにもカスタムできます。平日は子供も楽しい集中英語クラス、1日最高8時間!!
週末は楽しいボホール島ツアー、アイランドホッピング、キッズ満足度No,1ホテルウォーターパークDayユース、BBQ,パパママ向け高級スパなど、盛りだくさんのアクティビティもご用意しております!!

日程は下記の3パターンの中からご選択して頂けます。

【全期間21days】11/12(日)~12/2(土)保護者様¥437,000
お子様¥475,000
お子様2人目より¥380,000

【Ⅰ期11days】11/12(日)~11/22(水)保護者様¥230,000
【Ⅱ期11days】11/22(水)~12/2(土)  お子様¥250,000
お子様2人目より¥230,000

※受付はそれぞれの出発日の1週間前まで
保護者代理人(祖父母・親類・友人)との参加も可!
※渡航前に、WEG申請(父母代理申請)が必要です。

・対象年齢 2歳~小学生までの親子
・定員数 全期間・Ⅰ期・Ⅱ期、各10組程度
・実施校 First English Global College
・宿泊先 La Mirada Hotel
・採用メソッド クレマティスメソッド・First メソッド

■留学費用に含まれるもの
・授業料・宿泊費・食費・SSP代・おやつ代・夜食代・アクティビティー参加費・光熱費・洗濯費・部屋クリーニング費・セブ現地での空港送迎費
※航空券費用や出国税、海外旅行保険費用など上記以外に必要な費用も有。

航空券もお安くご提案させて頂けますので是非お声がけください!!

お問い合わせはお電話・メールにて 058-214-2197 info@cebu-navi.com

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!

フィリピン航空vsセブパシフィックvsバニラエア!首都圏からセブへ就航中の3社を比較

eyecatch

少し前までセブ留学ではフィリピン航空しか利用できませんでしたが、
LCCであるセブパシフィックとバニラエアが相次いで就航した事で、選択肢が大幅に広がりました。
そこで現在首都圏より就航している直通便3社を徹底比較してみたいと思います。

※ちなみに2017年8月時点での記事のため、時刻表や料金は変更される場合もございます。

それでは早速1社ずつ見て行きましょう。

フィリピン航空

まずは3社の中で唯一のレガシーキャリアであるフィリピン航空です。
成田空港第二ターミナルからセブ・マクタン空港まで1日2便、毎日運行しています。
フィリピンの航空会社になりますが、機内には日本人のCAもいましたので日本語での対応も安心です。
空港のチェックインカウンターでは、成田空港は日本人スタッフによる対応なので問題ありませんが、セブ空港は日本人スタッフがいないため英語が出来ないと・・・と思いきやフィリピン人でも少し日本語が話せたのでこちらも安心です。

 
成田⇒セブ

PR435便 09:35発⇒13:35着(A321-200)
PR433便 14:40発⇒18:40着(A321-200)

セブ⇒成田

PR434便 08:00発⇒13:40着(A321-200)
PR436便 14:45発⇒20:30着(A321-200)
 

使われている機材はA321-200になるので、エコノミークラスには通路を挟んで3列-3列で169席のシートが装着されています。
エコノミークラスのシートピッチは30インチ(約76cm)で、シート幅は18インチ(約46cm)ですので、後ほど記述するLCCとさほど変わらない広さになります。

PhilippineAirLine_01

PhilippineAirLine_02

シート背面にはディスプレイが設置されてないので、機内でエンターテインメントを楽しむためには、事前にスマホやタブレットに「myPAL Player」というアプリをダウンロードしておき、機内wifiに接続することになります。

ANAやJALと同じくレガシーキャリアになりますので、機内食やフリードリンク、ブランケットや枕の無料貸し出しもあります。

PhilippineAirLine_06

PhilippineAirLine_05

値段は時期にもよりますが、エコノミークラスは閑散期で往復4万円〜、繁忙期で9万円〜ほどです。

預け入れ出来る荷物は、1個当たり23kgまで、かつ3辺(縦・横・高さ)の和は158cmまでを最大2つまで、 機内持ち込み荷物は7kgまで、かつ3辺(縦・横・高さ)の和は115cmまでを1つまでとなっています。

 

セブパシフィック航空

次にフィリピンのLCC(格安航空会社)であるセブパシフィック航空です。

こちらも成田空港第二ターミナルからセブ・マクタン空港まで運行していますが、

1日1便となり行き帰り共に火木土日の週4運行となります。

CebuPacific_04

 
成田⇒セブ

5J5063便 12:05発⇒16:40着(A321-200)

セブ⇒成田

5J5062便 05:55発⇒11:20着(A321-200)
 

使われている機材はA320-200で、ほぼフィリピン航空と同じになります。

ただフィリピン航空と違い、ビジネスクラスがないためエコノミークラスの座席数は3列-3列の180席となります。

CebuPacific_05

CebuPacific_06

機内のCAはフィリピン人しかいませんでしたので、基本的に英語での対応になると思います。

チェックインカウンターは、成田では日本語もOKでしたがセブでは英語対応のみとなります。

預け入れ荷物・座席指定・機内食やドリンクは有料となります。

CebuPacific_08

CebuPacific_09

CebuPacific_01

CebuPacific_02

CebuPacific_03

フィリピン航空は1〜2kgの超過荷物でしたら見逃してくれるのですが、LCCは少しでも超えると1kgあたり2,800円の追加料金が必要となります。

機内持ち込み荷物は7kgまでで、56cm × 36cm × 23cmまでになっています。

枕やブランケットも貸し出しがなく、有料での販売になっているようです。

セブパシフィックはフィリピン航空やバニラエアよりも機内温度が寒く感じたので、羽織るものを持って行った方が良いです。

気になるお値段ですが、閑散期で往復5万円〜、繁忙期で7万円〜ほどです。

これだけ見るとあまりお得感はないですが、頻繁に以下のようなセールを行っていますので、セールを狙うと格安で行くことが出来ます。

CebuPacific_10

 

バニラエア

最後は日本のLCC(格安航空会社)であるバニラエアです。

こちらは成田空港第三ターミナルからの運行となりますので、第二ターミナルからシャトルバスか徒歩での移動が必要となってきます。

1日1便で毎日運行しています。

 
成田⇒セブ

JW601便 10:30発⇒14:30着(A320-200)
※10/29より10:00発⇒14:30着

セブ⇒成田

JW602便 15:30発⇒21:10着(A320-200)
※10/29より15:20発⇒20:55着
 

使用機材はセブパシフィックと同様A320-200で、エコノミークラス3列-3列の180席となります。

日系の航空会社になりますので、CAやチェックインカウンターも日本人の方が多く英語が不安な方でも安心して利用できます。

預け入れ荷物・座席指定・機内食ドリンクはセブパシフィック同様有料となります。

VanilaAir_01

VanilaAir_01b

VanilaAir_02

VanilaAir_03

枕やブランケットもセブパシフィック貸し出しがなく、ブランケットは¥1,500で販売していました。

気になるお値段ですが、往復2万円〜7万円ほどでした。

こちらも頻繁にセールを行っており、1万円ちょっとで往復することが出来ます。

VanilaAir_04

セブパシフィックやバニラエアは往復で買っても割引がつく訳ではないので、

時間や料金次第では、行きはセブパシフィックで帰りはバニラエアを使うという合わせ技も可能です。

(セブパシフィックのセブ発5:55amが少しキツイので・・・)

 

比較表(成田空港の場合)

航空会社
/項目
フィリピン航空 セブパシフィック バニラエア
往復航空券料金 4万円〜9万円 5万円〜7万円(セールだと12,500円〜) 2万円〜7万円(セールだと15,000円〜)
預け入れ荷物 23kg×2まで無料 有料となり15kg1,600円〜 コミコミバニラプランは無料だが、シンプルとわくわくバニラプランは有料となり20kg2,000円〜
座席指定 無料 有料となり片道700円〜 コミコミバニラプランは無料だが、シンプルとわくわくバニラプランは有料となり500円〜
機内食 あり 有料となり機内で購買(100〜500ペソほど) 有料となり機内で購買(350〜1,200円ほど)
チェックイン時刻 出発時刻の2時間前〜50分前まで 出発時刻の3時間前〜45分前まで 出発時刻の2時間前〜50分前まで

 

まとめ

LCCに抵抗がある方は機内サービスもあるフィリピン航空が良いと思いますが、価格重視の方にはセブパシフィックとバニラエアをオススメします。
特にバニラエアはANAホールディングス100%出資の日本の会社なので、英語に抵抗がある方でも安心してご利用出来ます。

セールはリリースされると共に早めに埋まっていくので、バニラエアはLINEで友達になっておくと、事前にセール情報を教えてくれたりします。
セブパシフィックはツイッターをフォローしておけばチェック出来ますが、セール開始時間よりも数時間遅くツイートされることもあるようなので、毎朝ホームページをチェックするのが堅実かもしれません。

機内サービスや価格の他に、現地発着時間なども考慮して、ご自身のプランにあった航空会社を選んでみてください!

 
 
Cebutaki

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!

2017夏セブ島ジュニアキャンプ 18日目

こんにちは、セブナビドットコムです!

ジュニアキャンプ18日目☆

8/2から始まった今年の夏の英語漬けジュニアキャンプもとうとう最終日!
長いようであっという間の17日18泊間だったように感じます。

名残惜しいけど、先生達やお友達とお別れです。
Sending off_170820_0008Sending off_170820_0010Sending off_170820_0005Sending off_170820_0012Sending off_170820_0015Sending off_170820_0006Sending off_170820_0016Sending off_170820_0013

一番早いセブ出発だった成田組!
いきなり約50分遅れ程の出発となったようですが、子どもたちみんな元気そうです♪
819 Narita group_170819_0004

こちらはセントレア組!
Graduation_170819_0049Graduation_170819_0056Graduation_170819_0057

関西組、到着です(^O^)
DSC_3033

成田組も遅れましたが、みんな元気に到着です!
819 Narita group_170819_0001

セントレア組も笑顔でパチリ☆
DSC_0019

みんな空港到着後もキャンプで仲良くなったお友達とお別れするのがとっても寂しそうでした。
いつかまた会えるよね!!

18日間、休まず英語で生活し、語り合い、遊んだ夏の貴重な時間は、
子ども達にとって、かけがえのない財産になるでしょう。
大切なお子様を、セブナビドットコムとFirst English校に預けてくださった保護者の皆様には、感謝の気持ちでいっぱいです。
ご心配をおかけすることもあったと思いますが、日本から子どもたちを温かくサポートしていただき、本当にありがとうございました。
参加いただいた子どもたち全員が、引き続き英語学習をモチベーション高く続けてくださることを願っております。

また、今回クレマティスメソッドのサイエンス等の講師を務めさせていただいたクリス、ジョイスはオンラインレッスンも行っております。
ご興味のある方は、是非ご連絡ください。
英語講師たちが、お子様との再会を楽しみにしております。

今回のジュニアキャンプの写真については、弊社HPジュニアキャンプページにアップさせて頂く予定でございます。
準備が出来次第、また改めてご連絡させて頂きます。

ありがとうございました。

セブナビドットコム 一同

フィリピン・セブ島留学のお問い合わせはコチラ!